2020年度向け行政書士講座の割引、キャンペーン情報

【行政書士の通信講座】初学者向けサポートの内容・種類をチェック!

行政書士の通信講座、初学者向けサポートの内容・種類をチェック

行政書士試験の対策は法律の勉強と言って良いでしょう。法律系資格の学習経験の無い初学者(初心者)の方は、わからない所が出てきた時の不安は大きいと思います。

不明点や疑問点は、検索エンジンや参考書を駆使してなんとか解決しようと努力する事は可能です。しかし、時間の無いサラリーマンや主婦の方にとっては、大変非効率と言えるでしょう。

そんな時、迅速に手助けしてくれる強い味方が通信講座のサポート制度となります。通信講座では疑問に解答してくれる質問サポートは標準装備ですが、他にも学習を効率よく進めるための様々なサポートサービスが存在します。

本記事では、通信講座が持っているサポートの内容・種類を詳細にレポート致します。行政書士資格の学習を進めるに当たり、あなたにとって「どのようなサポートが必要か?」の線引に活用して頂ければと思います。

あると助かる通信講座のサポート5選

  • 質問回答サービスで初学者も安心
  • ITを駆使した学習システムで学習の効率化
  • 行政書士試験必須の法改正サポート
  • 生講義でモチべーションアップ、スクーリング聴講制度
  • お財布に嬉しい割引サポートサービス

初心者(初学者)必須の質問回答サポート

初心者(初学者)必須の質問回答サポート

スタンダードな質問解答サポートは、行政書士試験の学習初心者の方にとっては必須のサポートです。質問解答サポートがない講座は、非常に稀ではありますがサービスの手厚さや種類に差がありますので、下記のポイントに注意してチェックすると良いでしょう。

質問サポートのチェック事項
  • 質問の方法(電話/リアルタイムチャット/WEB投稿フォーム/E-mail/FAX/質問カード)
  • 質問に対するレスポンス(解答に要する日数)
  • 質問回数制限のあり・なし
  • 他の受講者の類似質問の閲覧が可能かどうか

質問の方法は最低限E-mailがあれば良いでしょう、質疑応答の記録がメーラー(受信箱)に残るので、後から思い出すのにも便利です。解答に要する日数は、遅くとも2・3営業日以内に応答が帰って来るのが望ましいと思います。

電話・リアルタイムチャット・skype等の質問解答はレスポンスに優れていますが、かなり手厚い部類に入ります。これらのサービスを提供しているのは、大手資格学校に限られています。

質疑応答のリアルタイム性を追求する場合、通学タイプの資格講座では校舎に常駐している講師に直接質問可能と言ったサポートを提供している所もあります。まあ、こちらも大手資格学校に限られますけどね。

続いて質問回数の制限ですが、設けられれている資格講座は割とあります。無制限にポンポン質問を投げられたら資格講座側も困りますから、一線を引いているんだと思いますが、実質5~10回程度あれば事足りると思います。

他の受講者の類似質問の閲覧は、他の受講者の質問を講座が提供するシステムで検索して見る事が出来るサービスです。

いわゆるナレッジベースというヤツですが、類似の問題で悩む受講者は毎度必ず居るので、質疑応答をデータベース化しておけば、受講者は検索して情報にありつく事が出来る訳です。質問回数の節約にもなります。

質疑応答は行政書士の学習に直結した純度の高い情報の集まりなので、GoogleやYahoo等のグローバルな検索エンジンで調査するよりも目的の情報に素早くありつく事が出来ます。

他の受講者の類似質問の閲覧はレアですが、あれば是非使いたいサービスです。大手や学習システムが充実している講座がサービスとして提供している事があります。

予実管理・効率的な学習の要(かなめ)、ITによる学習サポート

予実管理・効率的な学習の要(かなめ)、ITによる学習サポート

通信講座では簡易的なものから高度なものまで、何らかの形で学習システムを提供している所が殆どです。近年ITを駆使した学習システムが提供される様になった背景としては、スマホの爆発的普及が大きいと思います。

スマホは時間・場所に縛られない優秀な学習プラットフォームですから、資格学校各社ともシステム開発に力を入れています。うまく活用する事で、学習効率のアップや進捗管理など様々な恩恵を受ける事が可能です。

通信講座のIT学習システムの特徴
  • PC・スマホ・タブレットのマルチデバイス対応
  • 学習スケジュールをシステムで一元管理
  • 本試験をターゲットに据えた進捗管理
  • 問題の正答の傾向から弱点を統計化・見える化
  • ゲーム感覚で気軽に取り組む問題集
  • 紙媒体・メディア削減による低価格化のメリットも

学習システムはPCだけでなく、スマホやタブレットに対応しています。時間や場所にとらわれず、通勤や通学中でもスマホ1台で手軽に学習時間が確保出来るというのは、とても大きなメリットだと思います。

学習スケジュールの管理や、進捗管理を行ってくれる学習システムも存在します。行政書士の学習は数ヶ月~1年と長丁場ですから、適切なスケジュール管理と進捗管理は、モチベーション維持の観点からも最重要となります。

受講している資格講座に講師が学習相談に乗ってくれるサポートが備わっている場合、システムが示す学習進捗状況を提示した上で相談すると、より効果的なアドバイスが聞けると思います。

学習をスタートしたら、基本的に1日一回は学習システムに触れる事になると思いますから、スケジュール・進捗管理の機能は学習システムに組み込まれている方がすぐにチェック出来るので何かと便利だと思います。

高度な学習システムですと、視聴した講義の時間や取り組んだ問題集の正答率等を統計情報として蓄積して弱点を提示したり、重点的に取り組むべき単元を提案する機能を有しているものもあります。

学習システムは、受講者円滑な学習のサポートがもちろん主目的ですが、副次的な効果として受講料の低価格化に貢献しています。

講義動画をオンライン化する事でメディア(DVD)が不要ですし、紙媒体の削減も可能です。学習教材を一式システムに詰め込む事で維持管理コストも削減出来ます。WEB通信に特化した通信講座では、びっくりするほど安い講座もあります。

このようなWEB通信特化型の通信講座では、システムで全ての学習が完結出来るように開発をしているため、大変洗練されており使い勝手が良い印象です。PCやスマホを活用して学習する事に抵抗のない方は、活用したほうが良いでしょう。

行政書士試験必須の法改正サポート

行政書士試験必須の法改正サポート

行政書士資格は、基礎法学・憲法・行政法・民法・商法・会社法など法律の学習が大半です。そのため、法改正があれば試験内容が変化しますし、あえて法改正部分を狙って出題される傾向もありますので、どうしても敏感にならざるを得ません。

しかし、学習をする中で自主的に法改正に係る情報を収集するのは大変だと思いますし、ましてや出題の傾向を自ら分析するなんて余裕は全くないと思いますから、出来れば受動的に情報を受け取りたいですね。

法改正に関連する情報は、どのような通信講座であっても何らかの形で情報提供はしてくれます。例えば、専属講師ブログによる法改正情報の分析や、ツイッターによる即時情報拡などが挙げられますが、例を挙げると以下の通りです。

法改正サポートの種類
  • 法改正のレジュメの発行
  • 法改正に係る部分の講座オリジナル予想問題の提供
  • 既存テキストの差し替え版テキストの提供
  • 法改正部分を深掘りした解説動画をオンライン提供
  • 講座の専任講師のブログによる戦略解説

なんと言っても法改正部分の出題予想も含めて情報を提供してくれる通信講座がベストと言えるでしょう。

法改正サポートの手厚さは公式ホームページや事前問い合わせでチェックしておくべき重要事項です。「知らなかった!」では後の祭りですから、しっかり情報提供してくれる講座を選ぶべきです。

資格学校で皆と生講義を聞こう!スクーリング聴講制度

資格学校で皆と生講義を聞く、スクーリング聴講制度

通信講座は1人でストイックに学習するスタイルになりますから、長期化によるモチベーションの低下の問題がつきまといます。スクーリング聴講制度は、学習のモチベーションをアップさせる方法として高い効果が見込めます。

スクーリング聴講制度は、資格学校や会場に足を運んで生講義を受講出来るサポートサービスです。通学タイプの受講生に混ざって授業を受ける事になりますので、同じ行政書士資格を目指す仲間の熱気に触れたり情報交換することで、モチベーションアップが期待できます。

仕事帰りの限られた時間や家事仕事の合間を縫って必至に合格を目指している方々の「ガチ(マジ)」な雰囲気は、自宅で学習している方にとって相当なインパクトがあります。ほとんどの方が負けん気や、やる気に火を付けられると思います。

特に本試験が差し迫った時期のピリピリしたムードは独特なので、本試験の予行演習としても最適です。年一発勝負の本試験でガッチガチに緊張しないように、場の雰囲気に飲まれないように、対策を講じておくと良いでしょう。

スクーリング聴講制度は必須のサポートではありませんが、管理人的にも是非欲しい万人にメリットのあるおすすめのサポート制度です。

メルマガ・SNSで有益情報を共有するサポート

メルマガ・SNSで有益情報を共有するサポート

通信講座の場合、メールマガジンによる情報共有はスタンダードなサポートとして定着しています。本試験に関する情報や日々の学習に関わるコツなどを定期的にメルマガ配信してくれます。

最近届いていたメルマガを抜粋してみましたが、タイトルだけ見ても内容を読んでみたくなるようなラインナップです。たまたま見ていたメルマガの内容が試験に出たなんて事もありますので、通勤・通学中にメルマガをチェックする癖付けをしておくと良いでしょう。

サポートメールマガジンの
  • 合格者が教える常に行った学習とは?
  • 上手な目標設定の方法
  • 学習環境の提案
  • 本試験に失敗する要因徹底解説!
  • 20XX年度試験の傾向予測

資格学校は大まじめにメルマガを配信していますが、メールマガジンは未読が大量に溜まっている方も多いと思います。これは講座の資料請求や購入時に登録したメールアドレスに自動的に届くため「メルマガに登録した」という感覚が薄いためです。

いくら有益な情報でも読まないと全く意味がありませんから、そんな時は twitter・ Facebook等のSNSで情報をチェックしたほうが手軽です。

最近の通信講座は殆ど何らかのSNSのアカウントを保持しており、大手なら Instagramを持っている所もあるぐらいです。SNSなら手軽ですし、皆さん見る事が多いと思いますのでフォローしておきましょう。

今日日仕事でも無い限りメーラーを立ち上げてチェックする人のほうが少ないと思いますから、SNSは割とおすすめ出来ます。

割引・キャンペーンの情報もリアルタイムに流れますので、美味しい割引を逃さずに済むというメリットもあります。

通信講座の割引サポートサービス

通信講座の割引サポートサービス

書店のテキストだけで完結する独学と比較すると、通信講座はメリットも多いもののやはり高額化しがちです。

受講したい講座があるのに、予算が足りずに断念せざるを得ないケースもあるかと思います。通信講座では、1年を通して各種割引・キャンペーン等のサポートサービスを展開しており、適用することで手が届く受講料になるかもしれません。

講座の受講料を下げるサポートサービスには、条件を満たす事で「①常に適用可能な割引制度」と、条件は特に不要な「②期間限定のキャンペーン制度」の2つが存在します。

①常に適用可能な割引制度の例

期間の制限がなく何時でも適用出来る割引制度です、適用するために前提条件が必要なものが多くなりますが、割引率が数十パーセントに登る場合もありますので、条件をクリアしている場合適用すべきです。

■ダブルライセンス取得割引
行政書士から社労士、行政書士から宅建士と言った相性の良い資格を取得する時、同一の資格学校で新たな資格にチャレンジする時に受講料が割引になる制度です。

行政書士資格の次に社労士・司法書士・税理士等のダブルライセンスを視野に入れている方は多いと思いますので、同じ資格講座で継続受講すれば受講料をかなり抑える事が可能です。

■他資格ステップアップ割引
簿記3級→2級→1級→税理士などステップアップ(成長)するタイプの資格で、同一の資格学校の講座を受講する事で割引が受けられる制度です。

実際は行政書士から他資格を受講した場合にも適用出来る事が多く、先程のダブルライセンス取得割引と制度上は似たり寄ったりなので、名称が違うだけと理解しておけば良いでしょう。

■行政書士試験の受験経験者割引
過去に行政書士の受験経験がある方や、行政書士と相性の良い資格保持者、あるいは講座の受験者に対して適用される割引制度です。

受験票を残している方は、このような割引を受ける事が可能ですから、合格・不合格に関わらず捨てずに取っておきましょう。

■他資格コース受講生割引
資格学校の講座を現在受講している、あるいは過去に受講した方が、その資格学校の他の講座を受講する時に割引される制度となっています。

以前受講して感触が良かった通信講座は、別の資格を取得する際にも再度利用する可能性が高いと思いますので、制度適用して受講料を安くしましょう。

②期間限定のキャンペーン制度の例

期間が限定されている分、上手く乗っかれると非常に高い割引率になる事もあります。資格学校は季節の変わり目やらイベント事の度に、頻繁にキャンペーン制度を打ち出して来ますので種類も豊富です。

■友人・家族紹介割引制度
友人やご家族に受講中の通信講座を紹介すると、キャッシュバックを受ける事が出来る制度です。受講者本人だけなく、紹介された方も受講料が割引になる場合もあります。事務所のスタッフ同士で申し込めば受講料を安く抑える事が出来そうですね。
■早期申込割引制度
講座の受講期間がはじまる前に申込みしておくと、割引を受ける事が出来る制度です。資格を取ると決めているならば、早割適用で安価に講座を受講しましょう。
■講座説明会の後に講座申込みで割引
結構な頻度で講座の無料説明会が開催されていますが、説明会の会場で即座に講座に申し込みすると割引されたり、入会金が免除されたり、割引の権利をもらう事が出来る制度です。

説明会では、講座の講義を担当する講師がプレゼンする事も多く、受講を検討している講座のクオリティの一端を知る事が出来ます。近くで開催されていれば参加してみる事をおすすめします。

■LINEの友人登録で割引
通信講座のLINEアカウントと友達登録すると割引を受ける事が出来る制度です。お手軽なので割引率はそこまで大きくありませんが、LINEメッセージでキャンペーン情報が届いたりしますので、意中の通信講座がLINEのアカウントを持っている場合は登録しておきましょう。
■公式サイトのゲリライベント割引
公式ホームページをぼ~っと眺めていると、限定の割引クーポンコードが出てくる通信講座が存在しています。クーポンコードが出る通信講座であると把握しておいて、イザ購入の際はクーポンを適用して割安に受講しましょう。
■合格祝制度
行政書士試験に合格した方へマゾンギフト券が贈呈されたり、講座の受講料の何割かがキャッシュバックされる制度です。合格したら忘れずに申請してお祝い金をゲットしましょう。
■受講・合格体験記投稿キャッシュバック
実際に講座を受講した感想やエピソード、合格までの体験記を執筆(感想文)する事でキャッシュバックを得る事が出来る制度です。数百文字程度を求められる事が多いですが、数千円~と馬鹿にできない金額です。

一般教育訓練給付制度

「①常に適用可能な割引制度」「②期間限定のキャンペーン制度」と解説してきましたが、もう1つ外せない重要な制度があります。一般教育訓練給付制度は、資格講座が提供する割引・サポート制度とは異なり、公的な給付制度となります。

本制度は就職を目指す方をハローワークがバックアップする制度で、受講者本人が指定教育訓練実施者に対して支払った教育訓練経費の最大20%に相当する額がハローワークより支給されます。

条件を満たせば20%という大きな給付金を受け取る事が出来るので、行政書士通信講座を受講される方は制度を適用される方も多いです。行政書士の多くの通信講座が一般教育訓練給付の講座に指定されていますので、ホームページ等でチェックしてみましょう。

尚、一般教育訓練給付制度の受給条件・申請方法・手続きについては、以下の記事で詳しく解説していますので是非ご一読下さい。

【20%給付】一般教育訓練給付の対象者・前提条件・申請方法パーフェクトガイド【最新版】

初学者向けサポートの内容・種類 まとめ

初学者向けサポートの内容・種類 まとめ

通信講座選びは、サポートの種類の豊富さや手厚さだけで決まる訳ではありませんが、初学者(初心者)の方はイザという時に困らないように、講座が持つサポートの種類はチェックしておくべきだと思います。

「あれもこれも!」と目移りしていると、全ての要件を満たす講座が見当たらなくなりますから、自分が欲しいと思うサポートをランキングして上位2・3種類程度に絞って、お目当ての通信講座がそれらを備えているかでチェックするのが効率が良く講座を選ぶ秘訣です。

少なくとも、質問解答サポートと法改正サポートは、法律の学習を行う行政書士試験では必須と言えるかと思います。

コメントは受け付けていません。

おすすめ行政書士講座ランキング!TOP3

フォーサイト

フォーサイトの行政書士通信講座

  • 圧倒的な合格率
  • 高いクオリティの教材
  • 熟練講師の講義
  • 最高クラスのコスパ
  • スマホでe-Learning

無料資料請求はこちら

講座レビューはこちら

スタディング

スタディングの行政書士通信講座

  • ハイクオリティe-Learning
  • スキマ時間にスマホで勉強
  • 業界著名講師の講義
  • 手軽に無理なく学習継続
  • 安価にスタート可能

無料システム登録はこちら

講座レビューはこちら

クレアール

クレアールの行政書士通信講座

  • 経験豊富な著名講師
  • 効率的に無理なく学習
  • 強力な割引制度
  • 豊富な講座コース
  • 豊富な信頼・実績

無料資料請求はこちら

講座レビューはこちら

行政書士講座の徹底レビュー一覧はこちら!